旅のエッセイスト保谷早優玲・旅と翼

旅のエッセイスト・旅行作家・トラベルライター・旅游記者である保谷早優玲が旅と飛行機愛とときどき美食について語ります。

台湾のFika Fika Cafeは幸せな空気に満ちていた

f:id:hoyasayuli:20190626235050j:plain


台湾にはFika Fika Cafeという

世界一を受賞したカフェが存在するのをご存知だろうか。

 

台湾のコーヒーブームに驚いた私は

まずはこのFika Fika Cafeへいかなくてはならないと思った。

f:id:hoyasayuli:20190626235321j:plain


 

ある日のこと、Fika Fika CafeのJamesさんと

京都のCafe verdyの続木さんが

台北のFikaFikaCafeで

トークショーをすると言うので

前のめりでお店に向かう。

こんな機会は滅多にない。

 

それが初Fika Fika Cafe。

f:id:hoyasayuli:20190626235521j:plain

Fika Fika Cafeはもう一つお店が都会寄りにあり、

多くのブログで紹介されているのは

そっちのお店なんだけれど、

 

私はきっと、こっちの方が好きだ、と思った。

(まだ行ってなかったけどなんとなく女の勘でね) 

そして、後日都会にほうにあるFikaFikaCafeに行き

 

やはり陽光店のほうが好きだなあと

しみじみ思ったのだ。

 

なぜなら、

ここにはまさしく、北欧でいうところの

Fikaな空気に満ちていたから。

f:id:hoyasayuli:20190626235741j:plain

 

さて、こちらのFika Fika Cafe。

カフェラテが名物ということで飲んでみたら

ノルウェーのコーヒーコンテストで世界一に輝いたことのある、Moccaみたいな

なんとも言えない深さと旨さが素晴らしかった。

 f:id:hoyasayuli:20190626235423j:plain

黒糖を合わせているのが素晴らしい発想。

f:id:hoyasayuli:20190626235903j:plain

スコーンなどもあるのが嬉しい。焼き菓子大好きなので。

f:id:hoyasayuli:20190627000103j:plain

伊通街のほうは、白いマグ。客層はノマドっぽい人も多かった。

 

Fika Fika Cafeのすごいところは

世界一を受賞した焙煎と全く同じコーヒー豆を

少量ながらもきちんと毎日販売していることだ。

f:id:hoyasayuli:20190627000438j:plain

Jamesさんのそういうところが好きだなぁ。

 

伊通店營業時間 Yitong location
台北市伊通街33號
週一Monday 1030-2100
週二-週日Tue.-Sun. 0800-2100

陽光店營業時間 Neihu location
台北市陽光街321巷40號
週一Monday 10:30-20:00
週二-週日Tue.-Sun. 08:00-20:00
02-26560133

https://www.facebook.com/FikaFikaCafe/