旅のエッセイスト保谷早優玲・旅と翼

旅のエッセイスト・旅行作家・トラベルライター・旅游記者である保谷早優玲が旅と飛行機愛とときどき美食について語ります。

台湾みやげに!虱目魚鬆はご飯にかけるのさえ待てないおいしさ

f:id:hoyasayuli:20190627002113j:plain


台湾人のソウルフード「肉鬆(ロウソン)」。肉でんぶ、またはふりかけのカテゴリに入りつつ、しっかりとサンドイッチの具にも収まるほど台湾人はみんな好き。台湾人の9割は好きなんじゃないかというものなんですが、日本人にはまだなじむのには時間を要する一品。

 

その「肉鬆(ロウソン)」より食べやすく、私の好みをストレートに言わせていただくならほっぺたがおちそう!  なのがこちらの「虱目魚鬆(サバヒーソン)」です!

 

虱目魚鬆(サバヒーソン)160台湾元。これ、台南好きにはたまらないんですよ。


虱目魚粥(サバヒー粥)と言うのは台湾のミルクフィッシュを使ったおかゆで、台南など南部ではポピュラーな朝ごはん(※1)。ちょっと朝からヘビーなメニューなんですが、たまに食べたくなる。

 

しかしこのサバヒー粥は魚が傷みやすく、魚が新鮮じゃないとおかゆに出来ないメニュー。なのでサバヒーが獲れる台湾南部ではよく見る朝ごはんだけれど、台北ではあまり見かけないんですよ。

そんなサバヒー粥を好き! という人もそうでない人も、きっと気に入るのがサバヒー鬆。私なんてもう、ご飯にかけるのももどかしく、そのままスプーンですくって食べるほど大好き! サクサク具合と甘さ具合が絶妙にツボ。ご難を混ぜ込んだおにぎりもなかなかいけますよ。

 

作っているのが台南なので、おそらく台南あたりではあちこちで売っていそうですが、台北では樂埔匯農(※2)で売っています。

(※1)虱目魚粥は若い人はほとんど食べず年配者に愛好家が多い朝ごはん
(※2)匯はさんずいに匯

<DATA>
■樂埔匯農(匯はさんずいに匯)
住所:台北市八徳路二段346巷3弄2号
アクセス:MRT「忠孝復興」駅5番出口を出て約900m
TEL:02(2775)1689
営業時間:9:00~20:30
定休日:年中無休